地域密着型のみのり開発が頼れる|初めての引越しをサポート

男女

返済の負担を減らすため

Real estate

市場価格で売却可能

任意売却とは、住宅ローンを利用して住宅を購入した人が、その住宅の売却によって債務を減らすことです。たとえば住宅ローンの残債が1500万円という場合に、住宅を1000万円で任意売却したとすると、残債は500万円になります。そのため以後は、返済の負担が大幅に軽減されることになるのです。このことから、住宅ローンの月々の返済が困難になった人の多くが、任意売却を選択しています。月々の返済を滞らせると、債権者はその住宅の競売を開始するのですが、競売での落札価格は、一般的に市場価格を下回っています。先述した例だと、800万円ほどで落札となることが多く、結果として700万円ほどの債務が残るのです。しかし任意売却なら、市場価格とほぼ同じ価格で売却することが可能です。また、住宅ローンの債権者との交渉によって、残債の返済をある程度猶予してもらうことも可能となっています。たとえば、返済の期日を延ばすことで、月々の返済額を少なめにするといった具合です。このように任意売却には多くのメリットがあるのですが、仲介サービスを利用すれば、そのメリットがさらに増えることになります。具体的には、住宅をより高く売却できたり、債務者との交渉がスムーズに進むようになったりするのです。仲介手数料の支払いは必要ですが、その金額は一般的な不動産売却における仲介手数料と基本的に同じです。しかも売却によって入ってきたお金からの支払いとなるので、事前に用意しておく必要はないのです。